千葉の空き家ってそんなに多いの?

ここ数年、メディアで取り上げられることも増えてきた「空き家問題」。端折ってまとめると

  • 高齢親の死去にともない住む人がいなくなった家が急増
  • 売却も賃貸もできず長期住む人がいない「空き家」に
  • 人が住まず管理も不十分だと、家の老朽化が進む
  • 雑草・ゴミ不法投棄・不審者の出入りなど近所迷惑に
  • 老朽化が進むと倒壊リスクも
  • 空き家比率が増え(人口減)自治体の財政悪化

こんな感じだ。

各県・市町村ごとの空き家比率なども公開されている。最新の関連ニュースはこちら。

総務省の「住宅・土地統計調査」によると、2018年10月時点での全国の空き家の数は848万9000戸。5年前と比べ29万3000戸増えました。総住宅数(6240万7000戸、177万9000戸増)に占める空き家の割合は13.6%。過去最高をさらに更新することになりました。1970年代以降の推移をみると、ようやく増加のペースが鈍り、頭打ちになってきたようにもみえますが、空き家数は極めて高い水準にあるといっていいでしょう。30年前のほぼ倍、20年前の約1.5倍となっています。

30年前に比べて倍増!深刻さ増す「空き家」問題 全国で最も空き家率が高いのは…(NIKKEI STYLE) – Yahoo!ニュース

総務省の「住宅・土地統計調査」は5年毎に実施されているもので、前回は2018年。これによると全国で空き家比率がもっとも少ないのは沖縄県で、これに埼玉(10.0%)神奈川(10.4%)東京(10.4%)が続く。

それでは千葉はどうだろうか。

千葉県の空き家数(別荘などの二次的住宅を除く)は35・9万戸(全国6位)、空き家率(空き家数÷住宅総数)は11・8%(同39位)となっている。20年調査との比較では、空き家数が3・2万戸(9・9%)増えた一方、空き家率は0・2ポイント低下した。

【数字から見えるちば】千葉県の空き家率は11・8% 地域格差拡大 求められる対策 ちばぎん総研主任研究員・高城華楠 (1/2ページ) – SankeiBiz(サンケイビズ):自分を磨く経済情報サイト

11.8%は全国平均から見てさほど高い数字ではないようにも見えるが、千葉市・船橋市など東京隣接の大都市エリアもそれなり広いからで、首都圏と言われるエリアを一歩出れば状況はがらり変わる。

千葉の空き家率ランキング【スマイティ】

これはちょっと古いが、2013年の総務省「住宅・土地統計調査」の数値を元にした不動産住宅情報サイト「スマイティ」のランキング。この時の千葉平均は15.1%なので、今のほうが改善はされていると思うが、ランキング自体に大きな変化はないと思われる。

1位から4位までが外房で、トップの勝浦市はなんと3軒中1軒以上が空き家の計算となる。

移住者に人気の館山市や南房総市も、25%なので4軒に1軒という高い割合だ。

これら、空き家比率ランキング上位の自治体では、空き家対策や移住促進にも力を入れており、空き家バンクを設立したり、移住促進のための補助金制度を制定したりしている。

これについてはまた別途まとめたい。